• 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ

工場やオフィスの省エネ設備

今使っている省エネ見直して見ませんか? 既設のものを効率のよい設備にリニューアルすることで、経費の節減とより快適なオフィス環境を提供します。
工場・ビルなど産業用太陽光発電

注目を浴びる工場屋根設置 太陽光発電は、公的支援制度などによって、国も積極的な導入の支援を行っています。最近は屋根や屋上にソーラーパネルを設置している工場を見かけるようになりました。 工場の屋根、ビルの屋上は個人住宅よりも面積が広いので、たくさんのソーラーパネルを設置し売電する事ができるので注目を浴びてます。 またソーラーパネルを設置することによって、既存屋根との二重構造により熱を遮断。工場やビル内の室温の上昇を防止して、省エネ効果も期待できます。 太陽光発電システムは、ISO取得基準の一つであるCO2排出量削減に貢献することができます。お急ぎ下さい。グリーン投資減税はまだ間に合います!平成28年3月31日まで。
産業用太陽光に関して詳しくはこちらから

2020年水銀灯が使用禁止

工場や倉庫などの高い天井の建築物ですと必要な明るさを保つために、水銀灯などの消費電力の高い照明が設置されています。水銀灯の代替品が求められています。理由は3つ有ります。1つ目に消費電力が大きいこと、2つ目に寿命が短く交換費用がかさむこと、3つ目に水銀条約によって2020年以降は利用できなくなること。2013年10月に採択された「水銀に関する水俣条約」では、水銀を含む製品の製造や輸出入を2020年までに原則禁止するとに決まっています。
今なら設備投資する際、国が支援している税制を活用する方法があります。
LED照明に関して詳しくはこちらから

工場・ビルなど空調設備・業務用エアコン

近年地球温暖化防止対策にともない、建物の省エネルギーに対する要求が高まっています。建物の空調・業務用エアコンにおいてもさらなる省エネルギー化が必要となっています。1979年に省エネルギー法が制定され、幾度か改正されてきた法律ですが、空調設備・業務用エアコンに関する省エネ促進がうたわれており、空調機器・業務用エアコンの効率向上も求められています。継続的に快適な空調環境を整えるためには、どうしても機器のリニューアル工事が必要となります。空調設備に関しても今なら、国が支援している産性向上設備投資促進税制を活用する方法や補助金を活用する方法があります。
空調設備・業務用エアコンに関して詳しくはこちらから

工場・ビルなど外壁塗装

ビルや工場の古い空調システムを一新すれば、大幅に消費エネルギーは減らせます。しかし、大規模改修工事を急に行うのは難しいと思います。近年、ヒートアイランド対策として話題になった方法に、打ち水や屋上緑化などがあります。中でも、維持管理の手間や消費電力を増やさない遮熱・断熱塗料に注目されています。遮熱・断熱塗料をすると建物の表面温度を下げ、室内に伝わる熱をカットして、コストの削減を実現できます。
外壁塗装に関して詳しくはこちらから

企業・工場・ビル・マンションなどの省エネ設備や空調設備・業務用エアコンのご相談はこちら