• 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ

グリーン投資減税について

産業用太陽光発電導入の際、グリーン投資減税が活用できます:「30%特別償却」か「7%の税額控除」か選択が可能

グリーン投資減税(太陽光発電等の税制優遇)は、環境関連の投資を促進するための税制上の優遇措置で、期間内に対象設備を取得した事業者は、次の優遇措置を受けることができます。

グリーン投資減税 「FIT認定設備」から「FIT認定外設備」に変更

グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は特別控除)の適用期間が2年間、2018年(平成30年)3月31日まで延長されました。しかし太陽光発電に関しては対象設備が変更となりました。

適用期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日までの期間内

優遇処置の内容

グリーン投資減税、税額控除は、中小企業者等に限定。中小企業者等は、「30%特別償却」か「7%の税額控除」か選択が可能です。

対象となる太陽光発電設備

グリーン投資減税。無料で御社にとってどれくらいメリットがあるのかシュミレーション実施しています。

今までは固定価格買取制度(FIT)の認定を受けた10kW以上の太陽光発電設備が対象でしたが、2016年度からは、固定価格買取制度の認定を受けていない10kW以上の太陽光発電設備が対象となります。自家消費型の太陽光発電設備が対象となります。では、今まで通りの固定価格買取制度(FIT)の認定を受けた太陽光発電設備はどうなるのか。と言うと「生産性向上設備投資促進税制」と言う優遇税制があるのでそちらを活用します。

平成28年度税制改正に伴う対象設備の変更に関して詳しくはこちらから

政府は、固定価格買取制度(FIT)により再生エネルギーの中でも参入しやすい産業用太陽光発電が急速に拡大したという認識があります。そのため自家消費型の支援にシフトしてきたように思います。

グリーン投資減税の特別償却には、30%特別償却のほか取得価格の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却がありました。しかし、この優遇税制は平成27年3月31日で終了しました。

中小企業者等とは?

グリーン投資減税は、青色申告する個人や法人が、対象となる設備を取得し、1年以内に事業の用に供した場合に、減価償却資産の特別償却または税額控除の適用を受けられる制度です。

大企業の子会社等を除く資本金1億円以下の法人または資本・出資を有しない法人のうち、常時使用する従業員数が1,000人以下の法人

個人事業者は、常時使用する従業員数が1,000人以下

農業協同組合、商工組合、漁業協同組合、森林組合など

生産性向上設備投資促進税制

グリーン投資減税に変わる生産性向上設備投資促進税制

固定価格買取制度(FIT)の認定を受けた10kW以上の太陽光発電設備、今まで「グリーン投資減税」が活用できましたが、2016年3月に終了しました。しかし、最近はそれに代わる「生産性向上設備投資促進税制」を活用して導入している方が増えています。またこの「生産性向上設備投資促進税制」も適用期間があるのでお早めに導入することをお勧めします。ここ1-2年で設備投資をお考えならこのチャンスを活用して下さい。当社では、お客様のご希望を第一に考え、省エネ・補助金や税制優遇などの活用を踏まえたご提案をさせて頂きますので満足して頂く自信があります。
どんな些細な質問も遠慮なく、お気軽にご相談して下さい。

生産性向上設備投資促進税制の減税効果に関して詳しくはこちらから

産業用太陽光やグリーン投資減税のご相談はこちら